スマートカラオケ(SK-0001)を探る

なんだかあやしい感じのスマートカラオケアクセサリを入手したので色々試してみました。

スマートカラオケって何?

スマートカラオケは、iPhoneで使える通信カラオケシステムの事らしいです。発売元は「サン・ホームエンターテイメント」と言うところで、サービスの運営も行っています。会社のページはお問い合わせのリンクが切れていたり、企業のはずのTwitterアカウントが個人の物になっていたりあまり更新されていなそうです。

システムとしてはiPhoneを中心としてモニターにカラオケ映像を映し、マイクを繋げて採点が出来る通信カラオケになっています。半年ごとに12600円(=月2100円)の課金で歌い放題のようです。老人クラブ推奨とあるので、あまり普通には見ることがなさそうです。

スマートカラオケアクセサリ

Dockはコンポジット信号が出ていて、Lightningでも変換ケーブルで画面出力が出来るのであとはマイクを繋げるだけかと思いきや謎の「カラオケアンプ」という箱が付いてきます。

このカラオケアンプにはマイク用のフォーンプラグが2つと3.5mmヘッドフォン端子が一つ、そしてiPhoneとの接続用の独自端子が一つ付いています。形はminiUSBとかFireWireの縮小版みたいな形をしてました。

これをLightning端子などにと接続して電源を取るのかと思いきや接続するためのケーブルは片方がTRRS(マイクつきイヤホンの端子)の3.5mmになっていました。これではアンプの電源は取れない上に、マイクを日本同時に使うのも不可能な気がしますが…

ここで思い出したのは、IK Multimedia社のiRigです。iRigは3.5mmプラグで接続するギターアンプなのですが、分解したDTMステーションさんの記事によるとマイク端子から電圧を取ることが出来るため、それを用いてアンプを作動させているようです。

2つの入力をどうやって使うのかは良く分かりませんでしたが、iRigを使えばこのカラオケアンプの代わりとすることが出来そうです。iRigはコピー品がAmazon等で安く手に入るので、ダイナミックマイクを使いたいときには良さそうです。尤も単にテストしたいだけなら本体のマイクでも反応します。

あと、やけに重いので中に重りが入っているような気がしますがねじ穴が見つからず破壊しそうなのでやめときました。

終わりです


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です