LM4880を使ったスピーカーアンプ

を作りました。

配線はかなり汚いですが、データシートの典型回路図どおりに作りました。入力カップリングコンデンサは10uFです。

少し前までオペアンプを使ったオーディオアンプ製作を試みていたのですが、ノイズや音が出ない事が多くかなり苦労していました。それが嘘に思えるほど簡単に、かつクリアな音が出たのでよかったです。

ところで、このICはヘッドホンアンプ用なので片方250mW(=5Vで50mA)ずつしか出せません。しかし音量を上げていくと家の外まで聞こえるほど音量が大きくなるので小型のスピーカーなら問題なさそうです。多分大きすぎると音割れすると思いますが上げられる範囲では音割れしませんでした。

あと、これを作ってる途中にやけどしました。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です